about_en

生活に必要な基礎的な習慣を養うこと。(健康面・生活面・知育面)
そして情緒の安定を図ることに主眼を置いてまいります。
愛情、信頼感、人を大切にする心を育て、自主・協調の態度を養います。
様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造力・思考力の芽生えを培います。

mokuhyo-01
rinen
naiyo-01

hoiku_naiyo5
知育
知識をあそびの中で楽しく身につけます。
・読書
・リズム遊び
・積み木遊び

徳育
レクリエーション、防火訓練、各種行事を通じ、人とのコミュニケーションを通して「思いやり」「助け合いの心」を育てます。
・豆まき
・ひな祭り
・クリスマス

体育
丈夫な体づくりのために外遊びをいっぱいしています。近隣の公園で自然と触れ合い、思いっきり遊ぶことができます。
・砂場あそび
・なわとびあそび
・運動会

tokushoku-01

hoiku_tokushoku3
知育(頭の良い子)、徳育(心のやさしい子)、体育(体の丈夫な子)のバランスのとれた保育をします。

・混合自由保育
年上の子が年下の子をかわいがれるようになり、積木、おもちゃなどのあそびを通して思いやりの心が芽生えてきます。

・安全保育(安全保険制度)
保育中はもちろんのこと、通・降園途中の万一の事故の場合でも迅速な対応をいたしますので、安心して預けることができます。

・幅広い保育体制
生き生きと活躍するお母さんの為に安心して預けられる保育所です。美容院、病院、接待、急な仕事、どうしてもという時などにお役立てください。また、お子さま自身も集団生活を学ぶことができます。

年齢別の発達段階に合わせて

生まれたときはどの子もみな同じです。
遺伝によるもの … 顔が似ている、足が速い、遅いなど
環境によるもの … 記憶力、考える力、やさしい心、判断する力、頭脳など

良い時期に良い刺激を知育(あたま)と体育(からだ)と徳育(こころ)に与えてあげることで、赤ちゃんの基礎が育ちます。
この三育法を実践し、年上の子が年下の子を可愛がるようになり、遊びを通して思いやりの心が芽生えてきます。